Miitomo 始めました


今週の木曜日(17日)から

任天堂初のスマフォアプリ、Miitomoがリリースされましたね。

私は初日から始めている勢の一人です。

さて、追記からはもう少し詳しくMiitomoのこと書いていきます。

ネタバレ、はないとは思いますが。

プレイ日記が苦手な方はご覧にならないほうがよろしいかと。


まず初めに思うことなのだが、
MiitomoのことはこのブログよりもTwitterで話した方がいい。
本当にごもっともな意見ですが、
プレイ開始したという最初のこのときだけはブログで書かせて。

プレイを開始したのは17日(リリース初日)からですが、
Twitterと連携させたのは昨日(18日)の夜です。
平日は何とかぷよクエする時間を少し減らし、
こちらを少しでも進めようとしていたのですが。
初日はグタグタしていて、連動までは行けなかった。
Miitomoに慣れる為にも時間が欲しかったしね。

Miitomoに限らず、交流系のアプリ(ゲーム)は
一緒にプレイしているフレンドがいるのといないのでは
プレイするモチベーションが変わってきますよね。
他のゲームではある程度の操作の慣れや
ストーリーとかのネタバレ要素があるので、
どうしても交流までとなると時間が掛かってしまうのですが、
Miitomoだと、操作も難しくないし、ある程度のネタバレ
とかもないので、逆に早めにフレンドを作らないと
プレイしている人もいなくなるかもしれないと思い、
今回は早めに連携してフレンドを作りました。

連携はTwitterとフェイスブックは対応していますが、
LINEはこの段階では未対応。
ぷよクエはLINEがやけに推奨されており、
LINEアカウントを持っていない私涙目だったんですけど、
MiitomoはTwitterがやけに推奨されてるので。
私にとっては凄く助かっていたりします。
Miitomoフォトコンテストも
Twitterで行われていますので、
Twitterのアカウントを持っていると何かと有利だったりします。

さて、ここだけのウラバナシ。
本当はフレンドを作るのは
ゴスロリセットをショップで購入してからと、思っていました。
だけどMiitomoコインが足りずに先にフレンドを...。
という話が、フレンドになってくださった皆さんのおかげで。
無事にゴスロリセットを購入出来ました。
初期の服装でフレンドと交流するのは
個人的にはどうしても抵抗がありましてね。
服を買ってからにしようと思いまして。
「セット」の服装を買うことにしたのは、
私自身が服装のコーデ力がないからです。
セットで購入した服装なら人前に出ても
(他のユーザーに見られても)恥ずかしくないかなと。
おとしてMiiというミニゲームでも
ミニゲーム内での限定の服装を貰えますが。
私にとっては凄く難易度が高いなと思って。
プレイしてみて改めて思いました。
ゲームチケットを手に入れた時にコツコツゲームしようかなと。
限定コーデ揃えるために課金に手を伸ばす、はしたくないので。

任天堂の公式サイトとかのお知らせや
ツイッターでプレイしている人のツイートなどを見て
これからMiitomoを始めたいと思っている人がいるかもしれません。
日本版はリリースがされてからまだ2日しか経っていないので。
今からプレイしても間に合います。
アプリの内容は「トモダチコレクションのスマフォ版」というレビューがありますが。
まさにそんな感じです...と言いたいところですが、
私自身が「トモダチコレクション」を未プレイなのでよく分からなかったりします←

プレイする際に自分の分身のMiiを作るのにひと手間掛かります。
3DSの本体のMiiをそのままMiitomoにも使用することは可能です。
(トモダチコレクションで作ったMiiが使えるかは
 トモダチコレクションを持っていないので分かりませんが)
ただし、コピーを許可していないMiiをQRコードで読み込んで作ろうとしても不可能ですので、
この方法でMiiを作るときはコピーを許可してあるMii作ることが必要です。

私も3DS本体のMiiをそのままMiitomoで使おうと思いましたが、
コピー許可しないMiiをコピー許可に変えるのが面倒だったため(こら)
一から作り直しました。
なお、前髪だけは本人とは似ては似つかないとはここだけの話。
ぱっつん前髪は憧れるけれど、現実ではかなりお手入れが大変。
(目線までに前髪が伸びたら前髪をカットしないといけないところとか)
なんで、現実は前髪の長さを気にしなくていいワンレンだったりする。
ここだけはMiiと本人が似ていなかったりする点なんですね。


まだまだ、リリースされたばかりというところもあるので。
改善点はあると思います。
ゲームロード時間が長いとか
画面が消えたりしたときとかにいちいちロード画面に戻ったりとか。
...個人的な不満を呟いていもしゃあないですね。
なお、ニンテンドーアカウントがないと、
データの復旧とか機種変更時のデータ引継ぎとか出来ないので。
ニンテンドーアカウントを事前に登録しておくとよいですよ。
また、Miitomoをプレイしてニンテンドーポイントが手に入るので。
ニンテンドーポイントが欲しい、という人にもおすすめなんじゃ?
と思ってしまったりします。
ニンテンドーポイントはMiitomo以外でも使えますから。
....そうだったよね?

任天堂のゲームが好きだという人は
プレイしても損はないという内容になっています。
気になったという人がいましたら、一度プレイしてみては?

なお、スマフォアプリゲームではお馴染み(?)の
課金要素もあったりしますが、
今の段階では非課金で遊べる気がするので
課金の詳細ページを見ていません。
やがて、課金したくなったらするかもしれないね。

まあ、のんびりとプレイしていこうと思うよ。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

この日記以降はTwitterの方でMiitomoの話題をするかと
思われますので、もし、この私と
Miitomoフレンドになりたい方がいましたらTwitterにて。
でもMiitomoでの交流を目的で相互フォローするのは
抵抗があるのでTwitterである程度交流してみて、
大丈夫そうな方だと判断したらMiitomo内で交流したい
.....というのが私自身の本音、だったりするんですがね。

それでは、今度こそ。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

テーマ : Miitomo(ミートモ)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

☆訪問者数☆
プロフィール

橙菊 ルコハル

Author:橙菊 ルコハル
(とうぎく)ルコハルと読みます。
見た目は子供、頭脳も子供。
書きたいことを書いているので
否定的な発言や鬱発言、
ここでしか書けない本音を
書いてるときもあるから、
(記事内で忠告はしますが)
大丈夫な方のみ
ブログの記事を読んでね。

ブログランキング
ブログランキング参加中。
○めにゅー○
当ブログのメニュー一覧♪
解説はこちらに載せときました。
一言日記(ツイッター)
ブログよりも更新が多い場所。
いろんなことを呟いているよ。
内容を詳しく見たいという方や フォローしたい方は・・・
「TOUGIKU」をクリック。
最近の記事
リンク
片道リンク、フリー
相互リンクしたいという方は・・・
この記事をよく読んでから、受付致します。
RSSフィード